逮捕から裁判までの流れ

① 警察は被疑者を逮捕から48時間以内に検察官に送致しなければならないので、48時間以内に、被疑者を釈放するか、送致の手続きがとられます。

② 検察官に送致されると、検察官は裁判官に24時間以内に勾留請求をしなければなりません。勾留請求をしない場合は、釈放となります。釈放といっても無罪とは違います。大半は多犯罪も自白し認めている、証拠も出ている、 弁護士もついていて証拠隠しもないと思われる、身元もはっきりしている、などの状況から勾留の必要はないだろうと判断され釈放となります。勾留せずに起訴するかどうかの捜査を続けるということになります。勾留が決まれば10日間身柄が拘束されることになります。

③ 検察官から勾留請求を受けた裁判官は勾留するかどうかを判断します。勾留の場所は、警察署の留置場または拘置所になります。

④ 勾留されると勾留請求をした日から10日以内に検察官は、起訴しなければなりません。ただし、検察官は裁判官に10日間の勾留期間の延長を請求することが出来ます。期間延長が認められれば、10日間の期間延長となり、その場合は結局、勾留は最初の10日間と延長の10日間をたして20日間となり、20日間以内に起訴しなければなりません。起訴しなければ、釈放となります。起訴されないのですから、起訴猶予は不起訴ということです。不起訴は犯罪を犯していないことだと思われていますが、犯罪を認めての不起訴もあります。

※不起訴とは、検察官が犯罪の嫌疑が不十分として被疑者を起訴しないこと。
※起訴猶予とは、犯罪の嫌疑があるが事件の軽重や情状などから起訴しないこと。

⑤ 起訴されると裁判を受けることになります。起訴される前は被疑者といいますが、起訴されると被告人となります。また勾留されたまま起訴されることが多く、身柄を解放するには、保釈請求して認められれば保釈金を払って開放してもらうことになります。

 

SC探偵事務所について
当探偵事務所は、虎ノ門(本社)、新宿に事務所を設けております。

お近くの事務所にお気軽にご相談下さい。

年中無休、相談無料、即日対応でご相談、お問い合わせをお受けしております。
また、即日調査も対応致しております。

SC探偵事務所 新宿支社

東京都新宿区新宿4−3−15レイフラット新宿6F
 
フリーダイヤル:0120−36-0003
 
東京都公安委員会 探偵業届出証明書 第30140030号(所轄:四谷警察署)
最寄駅:「新宿駅」(JR、小田急線、京王井の頭線、地下鉄丸の内線、都営新宿線・大江戸線)
サザンテラス口、新南口から徒歩3分
新宿三丁目(地下鉄丸の内線)E7出口すぐ横。
※新宿高島屋から徒歩約1分、新宿伊勢丹から徒歩約3分。

sc 外観sc 外観窓

電車でお越しの方

〇「新宿駅」新南口、サザンテラス口より徒歩3分
JR山手線・総武線・中央線、小田急線、京王線、都営新宿線

〇「新宿3丁目」E7出口すぐ横
東京メトロ丸の内線・副都心線

お車でお越しの方

〇明治通り「新宿4丁目」交差点を渋谷方面に150メール。

〇首都高速「新宿出口」。

※新宿高島屋より徒歩1分、新宿伊勢丹より徒歩3分。

本  社(虎ノ門)

東京都港区虎ノ門3−11−8山田ビル2F

フリーダイヤル:0800−8000−358
東京都公安委員会 探偵業届出証明書
第30140017号(所轄:愛宕警察署)
最寄駅:地下鉄日比谷線「神谷町」3番出口より徒歩1分。
地下鉄銀座線「虎ノ門」4番出口より徒歩7分。
都営三田線「御成門」A5番出口より徒歩8分。

 
 
 
 

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

ご相談項目 (必須)

ご相談・お問い合わせ内容

ページトップへ戻る