事務所概要

事務所概要

<名称>

SC探偵事務所 新宿支社

<商号>

株式会社SC

<代表取締役>

稲村 正浩

<探偵業届出証明書>

東京都公安委員会 第30180055号(所轄:四谷警察署)

<住所>

東京都新宿区新宿4−3−15レイフラット新宿6F

<URL>

sc-t-shinjuku.com

<E-mail>

こちらからお問い合わせください

<電話>

03-6457-7878

<加盟団体>

NPO法人東京都探偵業協会 会長
NPO法人家出調査捜索センター  代表理事
東京商工会議所 会員

本 社(虎ノ門)

<商号>

株式会社SC

<名称>

SC探偵事務所

<探偵業届出証明書>

東京都公安委員会 第30180060号

<住所>

東京都港区虎ノ門3−11−8山田ビル2F

<URL>

sc-t.co.jp

<E-mail>

こちらからお問い合わせください

<電話>

03-6459-0348

ご挨拶


SC探偵事務所新宿支社のホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

私は、故郷の島根県奥出雲町から上京して38年になります。探偵業界には、知人からの薦めで足を踏み入れることになりました。新宿の探偵事務所で業務経験を積み、虎ノ門に探偵事務所を設けて12年、新宿に支社を開設して7年になります。

弊社は大手探偵会社のように大体的に広告宣伝を行っておりませんが、近隣の弁護士の先生方、依頼者様のご紹介でご依頼をお受けし、「目の前の一つ一つのご依頼案件を丁寧に全力で取り組み続ける」を経営方針とし、調査員、スタッフと力を合わせて歩んでまいりました。これまで、弊社を支えて下さった、全ての依頼者の皆様と同業の諸先輩方に心より感謝申し上げます。これからも、弊社を頼って下さる依頼者様のために、また、探偵業界の健全な発展のために、更に精進をしてまいります。

弊社は、虎ノ門にある唯一の探偵事務所として様々な内容のご依頼案件をお受けし、経験と実績を積み重ね調査技術力を高めてきました。社会生活で発生する大体のトラブル解決に精通しております。考えや方針がまとまっていない段階でも安心してご相談下さい。ご相談から問題解決まで、全力で取り組ませていただきます。

SC探偵事務所

代表取締役 稲村正浩

 

※新型コロナウイルスなどの感染症対策には万全を期すよう努めております。

・スタッフ全員の手洗いまたは手指消毒、マスク着用、検温
・面談室のテーブル、椅子等のアルコール消毒
・定期的な換気
・面談室には飛沫防止のためガードパネルを設置しております。
・ご希望される方には、オンライン面談も実施しております。

ご来社くださる依頼者様には、
・来社時に手指消毒、マスクの着用(咳など風邪症状がある方は必須)、検温について、ご協力をお願いしております。

※面談参加人数は、2名様迄でお願い致します。

何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

ご相談・ご依頼方法について

経験豊富な相談員が依頼者様の状況に合わせて、ご対面、電話、オンライン、メール、出張などの方法でご対応させていただきます。ご依頼の際には契約書を面談、ご郵送、メールにて交付させていただきます。面談、お見積りは無料です。当日のご面談も可能ですので、ご予約の上、お気軽にお越しください。

探偵興信所とのトラブルについて

平成19年に「探偵業法」が施行され、悪質な探偵社は排除されてきましたが国民生活センターに寄せられる苦情相談は後を絶ちません。最も多い苦情相談は調査報告内容に不満を持つ方からの料金に関することです。探偵業興信所の各業者は、提供する調査サービスは結果を必ずしも保証出来るものではないことを依頼者に承諾していただいた上で依頼をお受け致しております。とは言え、調査報告内容によっては依頼者と業者との間で話合いがあって当然であるかと思います。話合いを行っても解決出来ない場合に裁判等の法的手段で解決をするようになりますが、その前にまずは、以下の相談窓口を利用されることをおすすめ致します。

国民生活センター
警察(業者を所轄する警察署)

探偵興信所の選び方について


探偵興信所選びを失敗しないためには、知人、弁護士等、その業者のことをよく知っている方から紹介をされた業者に依頼をすることです。

自分で探偵興信所を選ぶ際の注意点

問題解決をするために弁護士に依頼をする方は多いと思いますが、探偵に調査依頼をする方はごく僅かです。それほど困難な問題に直面されていることと思います。人生の分岐点になるとも言える、大事な調査を失敗しないためには、どの探偵興信所に依頼をするかが重要です。ご自身で業者を選ぶ際の参考にして下さい。

✔︎会社の所在地概要、代表者名が公開されているかどうか。

✔︎料金が異常に安くないか。

✔︎相談内容をあまり聞かないで、すぐに契約を促してくる。

✔︎期待を持たせることだけを話し、リスクについての説明をしない。

✔︎他の業者にも相談をしたり、相見積もりをとることを嫌がる。

ページトップへ戻る